2022年09月09日

高月と言ったら観音様

高月と言ったら〜〜???
皆さん何思い浮かべますか?ばいとは高月と言ったらでマジカルバナナやったらほとんどの人が観音様って答えると思います。

日本のなかできれいな形で残ってる方の超レアな十一面観音像があるんです。
それに関する資料や、これまた高月町で大変有名な雨森芳洲さんの資料などが展示されている資料館が
「高月観音の里歴史民俗資料館」です。
一応ホームページのリンク置いときますね。
次項有高月観音の里歴史民俗資料館

今もおられるかわからないんですが、佐々木さんという観音様と朝鮮通信使に特に朝鮮通信使に詳しい学芸員のかたがおられます。もうほんとに詳しいしかもウキウキ話されるので聞けると当たりかもしれないです。(お話し長いのでそれだけはご注意ください)
あと、まちセンだよりのコラムでお世話になっていた西原さんは長浜城博物館の方に移動されて、新しく黒岩さんという方がいらっしゃったようです。高月まちづくりセンターにはまたコラムや歴史講座でお世話になります。

黒岩さんにはさっそく明日の女性講座の歴史講座でお世話になります。
「浅井三代をとりまく女性たち」というタイトルでお話しただけるみたいですね。女性メインに話されるのってなんだか珍しい気がします。歴史って調べてみるとほんとに女性についての記述少ないですから、なかなか歴史ブーム来ても詳しく知る機会にありつくのも難しいんですよね。
女性講座としてということもあってなかなか珍しいお話が聞けるのではとばいとはにらんでます。

高月観音の里歴史民俗資料館は入館料300円、十一面観音像のある向源寺のパンフレットをお持ちの方は割引価格で入館いただけます。御朱印巡りのついでにどうでしょうか。また、雨森芳洲についての資料もたくさんそろっています。中でも壁一面の朝鮮通信使の行列図は圧巻ですので是非ご覧いただけたらとおもいます。

近頃まじめなブログばっかで違うなった思い始めた
ばいとでした。
posted by 高月まちづくりセンター at 10:28| Comment(0) | 女性講座

2022年09月03日

ご予約は三日前まで!

ども!ばいとです!
昨日初めて知ってほんとにびっくりしたんですけど、まちづくりセンターの利用予約
オンラインでできるようになってます

ぴかぴか(新しい)長浜市市民まちづくりセンター予約システムぴかぴか(新しい)

今までお電話いただくとか窓口で申し込んでいただくっていう方法しかありませんでした。
どこなら空いてるって聞いていただいて空室状況をお伝えしてどこにしようかってなかなかもどかしいこともあったかと思います。
オンライン予約ならなんと空室状況を確認しながら予約していただく事ができます。メッチャベンリ!

初めてご利用いただく時なんかちょっと混乱されるかと思いますので解説しときますね
初めての時がちょっとややこしいので!

@「市民まちづくりセンター予約システム利用者登録申請書」を施設(各まちづくりセンター)に提出していただいて、利用者IDとパスワードを入手してください。(発行に少々お時間いただきます)
A予約システムにログインしていただいて、利用したい部屋、時間を予約してください。
B「市民まちづくりセンター予約システム利用者登録申請書」に記入いただいたメールアドレスに予約メールが届きます。
Cメールが届いたら利用施設の窓口で使用料の支払いをお願いします。(ここで予約確定となります。)
D当日そのままお越しください。

ここまでだとちょっと面倒だと思うじゃないですか。なんとこれ予約の取り消し、変更もオンラインでできるんです。
利用者IDとパスワードを手に入れさえすれば、後はネットで予約→窓口で支払いでご利用いただけますし、何日何時にどこが開いてるっていうのが一番わかりやすいっていうのが一番の利点かなとばいとは思います。

ですので、直前にお電話いただいても何とか致しかねますので、直前のお電話でのご予約は勘弁してください。
ホームページの利用方法には電話、口頭では受け付けませんって書いてるじゃないですか。

ばいとでした。
posted by 高月まちづくりセンター at 11:06| Comment(0) | 日記

2022年08月26日

それは"ふぃにっしゅど"か"じ・えんど"か

おつかれさまで〜〜す!!!
定期試験から資格試験のコンボ決めて、ばいとの脳みそオーバーヒートでした!
もうなにもおぼえたくない
ちらっと見た成績表が大惨事だった気がするんですが、ばいとやっとなつやすみです!
と、思ったら木之本の花火おわりましたね。オワッタ…

さて、そろそろ秋の始まりということで日の出がちょっとずつ遅くなってきたのを感じます。
夜更かししすぎた時に太陽遅いな?った思うことが増えました。

秋が来たということは、文化の集いがあるということです。
文化の集いで展示させていただく作品の募集がさっそく掲載されました!
高月まちづくりセンターでは例年通りに皆様の作品を募集しています。
細かい規定は広報紙やまちづくりセンターのホームページに載ってます。ばいとがんばってぽちぽちしました。

まだ相談の段階なので、細かい事は漏らせないんですが…
今年、盛りだくさんっぽいです。(小声)

ばいと、雇われてすぐに去年の3月の文化の集いのページを作った覚えがあります。
文化の集いのページは催し物が多くて、ページ作るの楽しいんですよね。
今年始めて経験した文化の集いのページを作るの楽しみです。ばいとも徐々にホームページ作りのスキル挙げてきてるつもりですから、今年ホームページの方も頑張っていこうと思います。

ばいとでした。

posted by 高月まちづくりセンター at 14:12| Comment(0) | 広報